香取慎吾が「 嫌気がさすほど愛してる」(feat.KREVA)について語る

内容

2020年1月1日にソロとして初のフルアルバム『20200101(ニワニワワイワイ)』発売。そのアルバムの中の1曲「 嫌気がさすほど愛してる」(feat.KREVA)について、香取慎吾が語る。

嫌気がさすほど愛してる(feat.KREVA)

KREVAとは同学年

氣志團の綾小路翔ともKREVAとも同学年である香取慎吾。

制作はすごくスムーズに

香取慎吾とKREVAが1人の女性を取り合うという設定のラブソングでもあるこの曲は、その設定を少し話すだけでKREVAの方は「わかった」「見えた」と話し合いはすぐに終わり曲作りも早かったという。できあがった曲は聞くほどに気に入って、レコーディングの時はKREVAのラップ指導もあったようです。

日本語の持っているリズム

「嫌気がさすほど愛してる」のタイトルもそうですが、KREVAの書く歌詞の中に日本語の持っているリズムがすごく好きという香取。

修正した部分も

この曲では最後の「ずっと ずっと ずっと」の部分ぐらいが修正した部分だという。最初は1回だった「ずっと」だが、曲を聞いて3回ぐらいあっても…と香取が行ったところKREVAはすぐに了承して追加になったという。

2020年1月1日(水)発売アルバム「20200101」

東京オリンピック・パラリンピックが開催となる、記念すべき2020年を最速で盛り上げるため、「皆でワイワイ楽しもう!」をテーマに掲げアルバムを制作。 今作のアルバムではフィーチャリングアーティストとして、BiSH、氣志團、KREVA、SALU、スチャダラパー、SONPUB/向井太一、Teddy Loid/たなか、WONK、yahyel、他の参加も決定しており、香取本人も楽曲制作に関わっている。

「香取慎吾」の関連動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。