香取慎吾×TeddyLoid&たなか「Prologue」について語る

内容

2020年1月1日に香取慎吾ソロとして初のフルアルバム『20200101(ニワニワワイワイ)』発売。そのアルバムの中の「Prologue」(feat.TeddyLoid&たなか)について、香取慎吾が語る。

「Prologue」(feat.TeddyLoid&たなか)

若い世代2人とフューチャリング

ラップをさせたくなる声

「ラップをさせたくなる声」とたなか。アルバムの中ではKREVAとフューチャリングした「嫌気がさすほど愛してる」が良いという二人。

香取慎吾が歌うからこその歌詞

しょっぱなの「忙しいのに朝から晩まで」がすごい好きと香取。「するどい歌詞なのにきれいさがあり、この子が書いた歌詞とは思えない」と「歌詞の中に好きなところがたくさんある」とも語っている。

2020年1月1日(水)発売アルバム「20200101」

東京オリンピック・パラリンピックが開催となる、記念すべき2020年を最速で盛り上げるため、「皆でワイワイ楽しもう!」をテーマに掲げアルバムを制作。 今作のアルバムではフィーチャリングアーティストとして、BiSH、氣志團、KREVA、SALU、スチャダラパー、SONPUB/向井太一、Teddy Loid/たなか、WONK、yahyel、他の参加も決定しており、香取本人も楽曲制作に関わっている。

「香取慎吾,TeddyLoid,たなか」の関連動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。