香取慎吾×WONK「Metropolis」について語る

内容

2020年1月1日に香取慎吾ソロとして初のフルアルバム『20200101(ニワニワワイワイ)』発売。そのアルバムの中の「Metropolis」(feat.WONK)について、香取慎吾とWONKの3人が語る。

「Metropolis」(feat.WONK)

WONKとフューチャリング

WONKとフューチャリングしたこの曲。今回の動画の中ではWONKの長塚健斗、江崎文武、井上幹の3人と対談。いくつもの歌声を重ねているため、アルバムの中で一番レコーディングに時間がかかった曲のようです。

東京の良いところもっとこうしたいというテーマ

一番最初の話し合いから東京がテーマというこの曲。歌詞の中にもいくつもそれが見られるという。

何回も編集が入った曲

繰り返し編集が入り変更が多かったというこの曲。それほどに変更が入りながらも、締切直前に更にイントロをがらっと変えてきてWONKの4人のこの曲への意欲を感じられたと香取が語る。

2020年1月1日(水)発売アルバム「20200101」

東京オリンピック・パラリンピックが開催となる、記念すべき2020年を最速で盛り上げるため、「皆でワイワイ楽しもう!」をテーマに掲げアルバムを制作。 今作のアルバムではフィーチャリングアーティストとして、BiSH、氣志團、KREVA、SALU、スチャダラパー、SONPUB/向井太一、Teddy Loid/たなか、WONK、yahyel、他の参加も決定しており、香取本人も楽曲制作に関わっている。

「香取慎吾,WONK」の関連動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。