広瀬香美のKing Gnu「白日」を歌ってみた ピアノ 手拍子 アカペラアレンジ

内容

コメントメッセージが励みになり「ガンバって歌ってこう」と思っていると広瀬さん。動画のコメント欄にはたくさんのコメントもですが、歌って欲しいリクエストもたくさんあって、見ていて面白い。

King Gnu「白日」を歌ってみた

白日は幕の内弁当!?

King Gnuの「白日」は、いろんな味、パーツが凝縮された幕の内弁当みたいな曲、そしてやんちゃでロックだと分析。そのいろいろな味を分かりやすく歌っていくので、広瀬さんが歌った白日を聴いてから、King Gnuさんの白日を聴くと魅力倍増するようです。

ピアノを弾きながら手拍子!

Bメロ部分「今のボクには」からピアノを弾きながら手拍子をする場面も。ピアノを弾きながら、これだけ迫力がある歌を歌っているだけでびっくりなのに、手拍子までするという広瀬節がすごい。

ピアノソロアレンジ

全部の曲で聞きたいぐらいやはり広瀬さんのピアノソロアレンジ好きだな~。すごく楽しそうに笑いながら弾く広瀬さんの音を楽しんでる感もさらに良い。

アカペラ!!

アカペラとは思えないくらいの声量と迫力…これぞプロなのか。繊細に歌いこんでいるKing Gnuとは対象的なぐらい力強いのに、でもしっかりと原曲の良さもしっかりと留めている、この曲を知っている人、知らない人、広瀬さんを知っている人、知らない人、色々な人に見てもらいたい動画。

King Gnu「白日」

坂口健太郎主演の日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌として「白日」が書き下ろされた。歌詞について作詞した常田は正月返上で部屋で一人で制作していた状況を「暗く、エモい」と表現。そしてその「エモさ」というのが曲に入ったかもと語り、ドラマの内容に沿って表現されている。

「広瀬香美」の関連動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。